コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
コンテントヘッダー

∞ 母の葬儀編:来て欲しくないのよ、あなたたちには! ∞

だいたい1ヶ月たって、落ち着くというか気持ち的には「落ちる」とか「沈む」とかそういうことは特に無く、たまに、電話でいつも言ってた「はろはろ~♪(機嫌がいいときの母の電話の第一声)」の声だったり、病室で握った手の細さとか感触とか思い出して、グッと涙が出るときがあるくらいです。

何でもかんでもわからないことは母に聞いていたし、すごく常識的なしきたりやらマナーやらにたいして厳しい母でしたのでとても頼りにしていたのです。
「ああ、もう分からないことがあっても聞けないんだなあ」とか思うと、もっと聞かなくちゃいけないことがあるんだよ!まだわからないことあるんだよ!あおちゃんたちのことで迷ったらどうすればいいの!?と母の存在の大きさに涙がまたブワーッて感じです。

仕事の方はこの際なので長く休んでやろうと思っていたのですが、上司から「むーりー」って電話があって、葬儀から1週間で復帰( ´_ゝ`)もうちょっとゆっくりしたかったょ
私の代わりの補充の人は入ってるので人はまわってるはずなのですけど、上司いわく「(パートと社員の)雰囲気とフロアがもう限界」ってことで・・・。

上司「わかるやろ?」

っていわれても、わかりますけど、わかりたくありません(キリッ
これを機会にやめちゃおうかなとか思ってたとか口が裂けてもいえない雰囲気に突入してしまったので無事復帰。
2週間ほど留守にしてただけなんだけど、ギスギスしててステキでした(はぁと

さて。
母の葬儀ですが、参列して欲しい人はすでに連日実家に集合していました(母方の縁者ばっかり)
母の実家の方から来てくれる人は叔父が手配済みでお葬式だけ出てもらうことになりまして。

父方の親戚ですね、問題は。
こちらの意向としては、出てもらうのはお通夜だけ、もしくはお葬式だけ。
火葬までには帰っていただいて、骨を拾うのは絶対遠慮していただく。

どちらかは出席してもらうことになるのが非常にイヤだったんですが、仕方がありません。
父が電話で「出てもらうのは御通夜だけ。告別式は遠慮して欲しい」ということを言って、了承していたようです。

御通夜の日、4時ごろに葬儀会社の人が用意に来るというので2時ごろ実家へ。
宗派によって祭壇の飾り方が違うようで、うちの場合はこうするんよと伯母に教えてもらいました。
そして、写真撮っときました(。・ω・。)覚えられないよ・・・。

お棺に母を入れるのは2階では無理ってことで、1階の応接間でやることになり母を抱えて移動することになりまして、業者さんふたりと弟1が持ってたんですけど、下に敷いてたシーツがズルズルとついていってしまい結局弟2もシーツ持ったままズルズルと1階まで行くことに。

叔父「弟2にも持ってほしかったんやな」

ああ、そうかも。
弟1だけでは不満だったのね(´∀`)

なんてことがありながら、お棺に母が無事はいりまして。
連日鳴きすぎて声がかれちゃってたクウさんも連れてきてあげて、最後のお別れをしてもらいました。

「わんわんわん」

わかんないだろうけど、鳴いてた。
ちなみに、カイさんは夏ごろに一足お先に天国へ行っています。
この話もまた機会があれば。

クウさん、一人ぼっちになってしまった。

母を乗せた車が会場に向かって、走り出します。
叔父と私と弟2が手を合わせて見送り・・・・・ああああああああ!!!


そこ一方通行~~~~!!!


うちの家の前は一方通行になっているのです。
逆に出ようとしてる車を止めるために、私と弟2ダッシュ!!!!


ダメダメダメーーー!!あっちーーー!!!
正しい方向を指差しながら

2人で渾身のダッシュ!!

運転手さん気づいて、ちょびっとバック。
無事出て行きました・・・。

せっかく神妙な雰囲気だったのに・・・( ´_ゝ`;)
めっちゃ走ったわ・・・。

それ見て叔父がめちゃ笑ってた。

叔父「だって2人ともすごいスピードで『わぁぁぁぁ』って言いながら走っていくんやもん」

そら、走りますよ( ´_ゝ`;)
霊柩車が一通逆走で警官に止められるとか話にならんし!!

本来は霊柩車はバックしてはいけません・・・(だから猛ダッシュ)
「戻ってくる」らしいので、でも母は戻ってきたかったんでしょうかね。
戻ってくるなら戻ってくればいいよ。
20年くらいうちの父の周りでウロウロして、父が死んだとき一緒に天国行けばいい。
(宗教的にはあかんけどね!)

父と弟1は向こうで母をお迎えする役だったので、とっとと出発していました。
残った祖父母や叔父や叔母たちと一緒に喪服に着替え、2台の車に分かれて乗って出発・・・むむ。

弟2「家のカギがしまらない・・・・」

私「・・・しらんがな」

割と時間ギリギリで急いでるんですけど?
ガチャガチャふたりでやりまくって、なんとか閉めて出発。
私が運転してたけど、会場周り一方通行多くて曲がる道一本間違えて大回りしたり。

なんて日だ。

着いたころにはもう受付が始まっていまして、あっちにあいさつこっちにあいさつワラワラワラ。
といっても私の(母方の)従兄弟たちですけどね。
忙しいのに駆けつけてくれまして、すごくうれしかった。

泣いて送るのは母も好きじゃないだろうから、みんなで笑ってワイワイと。





というのも、父方の伯父と伯母が到着するまで。
一人で来るかと思ったら夫婦で来てまして、もうめまいがするほどイヤだった。
祖父母と(母方の)叔父にはあいさつしてたみたいだけど、私たち家族にはあいさつなし。

お互い嫌ってるからこんなものだろうけど、だったら来ないでほしかった。
世間体とか気にしないでいいように家族葬にしてるんだから、来なくていいよ。

焼香の間はハンカチ握ってギリギリギリ我慢した。
私は頭も下げなかった。
後からパパに「あの人たちのとき、ママだけ頭下げてなかった~」と言われた。てへぺろ★

大人気なくてもいいんだよ。

その後は、さっさとお帰りいただきまして終了です。
もう会わなくていいと思うと気楽でした。

とおもってたら、告別式にも現れたんですけどね( ´_ゝ`)

父は「今日はちょっともう遠慮して」と何回も言ってましたけど、ずっと座って帰りませんでした。
告別式が始まる直前にも「遠慮してほしい」と言いに言ってたけど、帰りませんでした。

またもや私たちには一切あいさつしない親戚。
一体なにをしにきたんでしょう。
母方の親戚への体面を保つだけのためにきてるわけですけど、ええ、知ってます。

告別式が終わり、火葬まで来られては困ると思ったので「もうここまでで」と帰ってもらいました。
そのまま火葬場まで着いてきてたら、私も爆発してたと思います。

不発弾になってよかったです。

結局私たち兄弟とは一言も交わさずの叔父と叔母。
私があちらの親戚の葬式に出ることはないのでもう話をすることは二度とないと思いたい。

つづく。




にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

∞ 母の葬儀編:四十九日と新居に父がやってきた ∞

昨日母の四十九日の法要が無事終わりまして、ホッと一息。
1週間後にお墓関係の集まりがありますが、それが終われば春までは何もすることがない感じです。
母の遺骨を高野山の先祖代々のお墓に分骨するのですが、雪で車ではいけなくなってしまうのでヽ(。・ω・。)ノ
春になっても改修何周年かの記念行事があるとかでもしかしたらもっと遅くなっちゃうかもしれません。

余談ですが、高野山の金剛峰寺の奥の院に入る手前の細い道を少し行くと「みろく石(だったかな・・・・)」というものがあるのです。祠みたいな小さい格子状の木枠で囲まれた中に、黒く大きい石が入ってるんです。
中に手をいれられるようになっていて(大人なら片手)その中の石を触ることが出来ます。
中は段差が付いていて、そのみろく石を高い段差に片手であげることができれば・・・・

なんだったっけ・・・・( ´_ゝ`;)

たぶん、願いがかなうとかそんなんがあったような?w
高野山の奥の院に行く機会があれば寄り道して挑戦みてください。

力で持ち上げようとすると重いです(。・ω・。)
持ち上げられそうなのに、持ち上がりません(中腰になるので力が入りにくいのかも)
昔、父は上げてた気がするのでどうもコツがあるようなのですが、面白スポットです。
パパも挑戦してた気がするけど持ち上がったかはおぼえてません。

小さいころから高野山の参道の雰囲気が好きで独身時代は車に乗ってフラリとよく行っていました。
よく考えると墓ばっかりの中をひたすら歩くだけなんですけど、苔生した参道の脇には杉の大木がズラーっとあって荘厳な感じがしてリフレッシュできる場所なのです(。・ω・。)
参道の入り口の方は個性的な企業のお墓なんかがあって見ていておもしろかったりします。

んで、今日父と弟2がお墓の段取りを聞くために菩提寺にいってきまして、その帰りにうちによることになりました。
弟2いわく、弟1の前ではいえない話があるそうなので・・・。

母が亡くなり、父はめっきり弱ってしまい(精神的に)なんというか「どうしよう(`・ω・´;)」って感じです。
今すぐどうこうってわけではないんですけど、元々めんどくさがりなのですけどもっとめんどくさがりになってる(精神的に)というか・・・。
原因は弟1なんですけどね・・・。
分かってるんですけど、鬱だといわれると何も出来ず言えず、耐えるのみ。
相手は言いたいことガンガン言ってくるのに言い返せないストレスなんでしょうかね。

母の病室の枕元で「変わるなら今でしょ」と諭したことも意味が無かったようです。

ただ、弟2の処遇の悪さにいては私も前々から思うところがあったので、父には言いましたけど言ったところでどうしようもないというのが三人の共通の思いであったりするのもなんともかんとも。

本人はどうしたいんでしょう?
どうしてほしいんでしょう?
どうするんでしょう?

全て病気のせいなの?

病気と戦うことと(経済的に)親に甘えることは別なんじゃないのかなと。
病院へいく費用、薬代、自由に使える時間、遊ぶ時間、何でも思い通り。
ただ、働いていないだけ。

親からの援助をなくしてしまうのが一番だと私と弟2は思っています。
現状のように、使いたいだけほしいものをほしいだけ手に入れられるっていうのは、鬱病じゃなくても働きたくないでしょう。
ただ自立に失敗してるだけに見えてイライラします。

親に養ってもらってるのに感謝の一言すらなく、罵倒するだけ。
母はそれを一手に引き受けていました(父と話すとケンカになるから、んで一方的に弟1が暴力振るうから)
話して話してなだめてなだめて、顔色伺って。

母を助けることは出来なかったけど、父は助けます。

なんとか家から追い出したい。
父と離したい。
母が亡くなった時点で弟2はいずれ家を出ると言ってたのですが、残った父と弟1をみていると置いては出て行けないと。
弟1を外に出す方向で考えているようです。
私もそれでいいと思います。

もう病気を理由に甘えられる人はいないんです。
外に出たって父は経済的な援助は続けるでしょう。
それはそれでいい。
父のお金だし。
スッパリと切れないのは父も母も同じ。

世間体ってのがありますからね。

父と弟2が引越し出来ればいいんですけどね。
それがなかなかそうは行かない事情があって、実家から父は動けないのが現状なのです。
それもなんとかしたいんだけどなぁ。

なんてことを話し合うために来ることになってたんですが、父は私の新居には初訪問でして。
家の話してたら肝心なこと話さないまま帰りました( ´_ゝ`)ワー
父にとってはうるさく言われたくない話なので(出来ればスルーしといてくれぐらいの勢い)安心したかもしれませんがw

どう動けばベストなのかを兄弟で考えなくてはいけません。
問題が山積みです。

あ、そうそう。
やはり父には自分の葬儀に連絡しなくてはいけない人・呼んでほしい人のリストを作るようにお願いしました。
いつ万が一ということがあるのかわからないということがわかったので父も納得してくれてました。
縁起でもない話なんですけど、父方の親戚のつながりは全く分からないので(祖母の葬儀で見たけど全然分からない上に人数多い・・・)
ひとつ悩み事が解決しました。




にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
コンテントヘッダー

∞ 臓器移植のニュースを見て・・・ ∞

つい先日、脳死と判定された6歳未満のお子さんからの臓器提供のニュースを見て、またパパと話し合いました。
なんという親の決断だろうと・・・。

私は臓器提供に関しては「賛成」派なのですが、身内のこととなると迷いが生じます。
自分勝手な話なのですけどね。
むかーしにもかいたことあるかもしれないけど、もし、子供ふたりに臓器移植しか治療方法がないとなったとき「どうしてみんな臓器提供してくれないの!?」と思うと思うんです。
そう思うなら、自分も提供するべきだとも思うんです(そういう事態になろうがなろまいが)

母の時は、「脳死判定は行わない」という医師の言葉があったのでしませんでした。
正確には、臓器提供の意思の確認はあったけど、父が嫌がった(ような素振りだった)ので強くは勧められず、脳死判定は行われなかったという感じ。
私の両親やパパの両親あたりには(団塊の世代あたりかなぁ?)はまだまだ臓器提供なんていうのは浸透していなくて、
全部焼いてほしいっていう考えが多いように思う。
宗教が関係してるのかどうなのかわからないけど、あの世に行って身体に足りないとこがあると!みたいな感じなのかしら。

実際の葬儀見てると、目はずっとつぶってるし服着たまま焼かれるし、布でぐるぐる巻かれたりしてるし、角膜とか提供しても問題ない気がするんですよね。
おなかの傷まで見せるわけでもなし・・・。

どういう状態で脳死になったのかっていう状況にもよるのだろうとも思います。
突発的な事故でお別れなんて考えられないうちの出来事なのか、病気や老衰などで事前にしっかりと考える時間があってのことなのか。
母のときは突然すぎて、臓器移植とかそんなの考えられなかった、というか考えてなかった。
急に臓器提供カードはもっているかって話をされたのでとまどった。

例えば「脳死になった場合どうするか」ということについて考える時間をくれてればもうちょっと余裕があったかもしれないんだよね。
「考えが変われば後からでもかまわない」とか言ってくれてれば・・・最低でもその後父とはもう一度話し合ったと思う。
病院にとっても面倒なことなのかしら?よくわからないけど。
ただ、母の「生」にばかり目を向けている父に「死」を前提にものをいうのは難しかったのかもしれない。
理解のある家族ばかりではないしね・・・。


車の中でパパと話していて、「パパが脳死ってなったらどうする?」って聞いてみた。

パパ「使えるとこがあるなら使っていいよ」

なんか前もそんなこと行ってた気がするけど、やっぱりそうなのか。
私もそんなにこだわることじゃない気がしてきたよ。
実際、その場になったら私は決断出来るのか・・・相当な覚悟がいるわけですが。
脳死とは言えど・・・医学的に「死」とされていても、機械で呼吸はしているし、手を触れば温かい・・・。
これが判断を鈍らせ、迷いを生じさせる。

今回は父の意見を尊重したけど、やはり事前に話し合いをしておかなければ決断出来ない。
渋る父を説得してまで提供するということは出来なかった。
ただ、父が「提供します」というなら反対はしなかったよ。

もし、あおちゃんたちが死んじゃったら?

答えは「それは迷うね」と2人とも保留。
今、決断しなくちゃいけない自体でもないのに、考えるだけで言葉に詰まってしまう。
こんなんじゃ、ダメなんだろう。
(今までは自分たちの時のことだけ話してた)

とりあえず父に関しては「提供しない」という本人の意思なので、しないと思う。
パパの場合は本人はしてもいいといってるので、してもいいと思っている。
問題は、パパの両親がなんていうかかなぁ?
私、嫁ですし。
パパの親ではないし、生んでないし、育ててないし。
父と同じく古い考えの人間であるかもしれないので、反対されたらどうするか・・・。
いくら本人はOK!っていってても、強行して禍根が残るのは私と親なわけですし・・・微妙な距離感がもっと微妙になるのは・・・。
パパの両親とも話して意思を確認しとかなくちゃいけないね。


気がおもいわぁ( ´_ゝ`;)


こういうことをパパと話し合うたび、もっと考え方を変えなければと思う。
「助かる命があるのだから、助ける」
これくらいシンプルでよいと思うのよ。
パパはこれくらいシンプル。

自分やパパの身体がどこかの誰かの中で生き続けるとかそういうのは必要なくて、あの世で足りなかったら困るとかも必要なくて、ただ純粋に助けるってだけ。

そう、とても簡単な話。

でもなぁぁぁぁ・・・あおちゃんたちってなるとなぁぁぁ・・・。
わぁぁぁ、んんんんん、んんんんんんん。
こういう考えが日本での移植を遅らせてるんだよなぁ・・・んぁぁぁぁぁ。
わかってるんだけどなぁぁぁ。

移植を決断した親御さんは娘さんのことを理解してこその決断であったわけで。
そこにたどり着くまでいろいろあったのだろうけど、実際に何人もの人を助けてる。
娘さんは喜びこそすれ、怒るなんてことないだろうと思う。

きっとあおちゃんたちも怒らないと思う。
昇華できてないのは親として「奇跡」を信じちゃう気持ちだけだねぇ。
またきちんとパパと話してみよう。

ご冥福をお祈りすると共に、考える機会をくれてありがとうの感謝を女の子とそのご両親に・・・。




にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 |2014年11月| 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

名前:みなみ
2005年9月20日生の♀♂双子のママです(*´∀`*)
詳しいことは>>家族紹介
ブログ村『お片付け』からお越しの方はカテゴリー『お片付けじゃょ』からまとめてどうぞ

カウンター  

いくつになった?
最近の記事+コメント
カテゴリ
みなみのオススメ
ラブアダブダブオススメ店
レインドロップス
下北万雑貨店

森ガールさんにオススメ店
ワンピースサロン Nashare
トータルコーディネイトされた写真を見ながら選ぶことができるのでイメージしやすいです。
眺めているだけでも癒されます。


Favorite
こちらのお店もトータルコーディネイトされた写真を見ながら選ぶことができるのでイメージしやすいです。


イーザッカマニアストアーズ
ペチコートや小物が充実してます。
カバンが種類・色盛りだくさんなのにお安い。



みんとかふぇ
フェイク植物ですがリアルでかわいいです。
小さいのをシリーズで揃えて窓際に飾ってます。


検索フォーム
  
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。