コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
コンテントヘッダー

∞ 臓器移植のニュースを見て・・・ ∞

つい先日、脳死と判定された6歳未満のお子さんからの臓器提供のニュースを見て、またパパと話し合いました。
なんという親の決断だろうと・・・。

私は臓器提供に関しては「賛成」派なのですが、身内のこととなると迷いが生じます。
自分勝手な話なのですけどね。
むかーしにもかいたことあるかもしれないけど、もし、子供ふたりに臓器移植しか治療方法がないとなったとき「どうしてみんな臓器提供してくれないの!?」と思うと思うんです。
そう思うなら、自分も提供するべきだとも思うんです(そういう事態になろうがなろまいが)

母の時は、「脳死判定は行わない」という医師の言葉があったのでしませんでした。
正確には、臓器提供の意思の確認はあったけど、父が嫌がった(ような素振りだった)ので強くは勧められず、脳死判定は行われなかったという感じ。
私の両親やパパの両親あたりには(団塊の世代あたりかなぁ?)はまだまだ臓器提供なんていうのは浸透していなくて、
全部焼いてほしいっていう考えが多いように思う。
宗教が関係してるのかどうなのかわからないけど、あの世に行って身体に足りないとこがあると!みたいな感じなのかしら。

実際の葬儀見てると、目はずっとつぶってるし服着たまま焼かれるし、布でぐるぐる巻かれたりしてるし、角膜とか提供しても問題ない気がするんですよね。
おなかの傷まで見せるわけでもなし・・・。

どういう状態で脳死になったのかっていう状況にもよるのだろうとも思います。
突発的な事故でお別れなんて考えられないうちの出来事なのか、病気や老衰などで事前にしっかりと考える時間があってのことなのか。
母のときは突然すぎて、臓器移植とかそんなの考えられなかった、というか考えてなかった。
急に臓器提供カードはもっているかって話をされたのでとまどった。

例えば「脳死になった場合どうするか」ということについて考える時間をくれてればもうちょっと余裕があったかもしれないんだよね。
「考えが変われば後からでもかまわない」とか言ってくれてれば・・・最低でもその後父とはもう一度話し合ったと思う。
病院にとっても面倒なことなのかしら?よくわからないけど。
ただ、母の「生」にばかり目を向けている父に「死」を前提にものをいうのは難しかったのかもしれない。
理解のある家族ばかりではないしね・・・。


車の中でパパと話していて、「パパが脳死ってなったらどうする?」って聞いてみた。

パパ「使えるとこがあるなら使っていいよ」

なんか前もそんなこと行ってた気がするけど、やっぱりそうなのか。
私もそんなにこだわることじゃない気がしてきたよ。
実際、その場になったら私は決断出来るのか・・・相当な覚悟がいるわけですが。
脳死とは言えど・・・医学的に「死」とされていても、機械で呼吸はしているし、手を触れば温かい・・・。
これが判断を鈍らせ、迷いを生じさせる。

今回は父の意見を尊重したけど、やはり事前に話し合いをしておかなければ決断出来ない。
渋る父を説得してまで提供するということは出来なかった。
ただ、父が「提供します」というなら反対はしなかったよ。

もし、あおちゃんたちが死んじゃったら?

答えは「それは迷うね」と2人とも保留。
今、決断しなくちゃいけない自体でもないのに、考えるだけで言葉に詰まってしまう。
こんなんじゃ、ダメなんだろう。
(今までは自分たちの時のことだけ話してた)

とりあえず父に関しては「提供しない」という本人の意思なので、しないと思う。
パパの場合は本人はしてもいいといってるので、してもいいと思っている。
問題は、パパの両親がなんていうかかなぁ?
私、嫁ですし。
パパの親ではないし、生んでないし、育ててないし。
父と同じく古い考えの人間であるかもしれないので、反対されたらどうするか・・・。
いくら本人はOK!っていってても、強行して禍根が残るのは私と親なわけですし・・・微妙な距離感がもっと微妙になるのは・・・。
パパの両親とも話して意思を確認しとかなくちゃいけないね。


気がおもいわぁ( ´_ゝ`;)


こういうことをパパと話し合うたび、もっと考え方を変えなければと思う。
「助かる命があるのだから、助ける」
これくらいシンプルでよいと思うのよ。
パパはこれくらいシンプル。

自分やパパの身体がどこかの誰かの中で生き続けるとかそういうのは必要なくて、あの世で足りなかったら困るとかも必要なくて、ただ純粋に助けるってだけ。

そう、とても簡単な話。

でもなぁぁぁぁ・・・あおちゃんたちってなるとなぁぁぁ・・・。
わぁぁぁ、んんんんん、んんんんんんん。
こういう考えが日本での移植を遅らせてるんだよなぁ・・・んぁぁぁぁぁ。
わかってるんだけどなぁぁぁ。

移植を決断した親御さんは娘さんのことを理解してこその決断であったわけで。
そこにたどり着くまでいろいろあったのだろうけど、実際に何人もの人を助けてる。
娘さんは喜びこそすれ、怒るなんてことないだろうと思う。

きっとあおちゃんたちも怒らないと思う。
昇華できてないのは親として「奇跡」を信じちゃう気持ちだけだねぇ。
またきちんとパパと話してみよう。

ご冥福をお祈りすると共に、考える機会をくれてありがとうの感謝を女の子とそのご両親に・・・。




にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 |2017年10月| 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

名前:みなみ
2005年9月20日生の♀♂双子のママです(*´∀`*)
詳しいことは>>家族紹介
ブログ村『お片付け』からお越しの方はカテゴリー『お片付けじゃょ』からまとめてどうぞ

カウンター  

いくつになった?
最近の記事+コメント
カテゴリ
みなみのオススメ
ラブアダブダブオススメ店
レインドロップス
下北万雑貨店

森ガールさんにオススメ店
ワンピースサロン Nashare
トータルコーディネイトされた写真を見ながら選ぶことができるのでイメージしやすいです。
眺めているだけでも癒されます。


Favorite
こちらのお店もトータルコーディネイトされた写真を見ながら選ぶことができるのでイメージしやすいです。


イーザッカマニアストアーズ
ペチコートや小物が充実してます。
カバンが種類・色盛りだくさんなのにお安い。



みんとかふぇ
フェイク植物ですがリアルでかわいいです。
小さいのをシリーズで揃えて窓際に飾ってます。


検索フォーム
  
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。