コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
コンテントヘッダー

∞ 逃げ道2( ̄▽ ̄) ∞

今日はみずくんの療育の個人面談に行ってきます( ̄▽ ̄)
できるだけみずくんのできないところが出せればいいなぁと思ってるけど、外面だけはいいからどうなることやら・・・。



つづき。


転校するか?と父に言われた私。
うちの父は「殴られたら殴り返して来い」って言っちゃうような(弟が泣いて帰ってきたとき言ってた(゜□゜;))父親だったので、あんまり子供にベタっとする親じゃなかった。
教育に関しては母親が~っていう典型的な感じ。
だから、そういうことを言ってきたときは戸惑った。


私が学校に行かない原因は「いじめ」だけだと思ってたとおもうんだよね。


なんというかやはり1クラスだけしかないので、いじめの対象に一度なってしまうと逃げ道がない。
卒業するまで何も変わらない。
私はそれも不安に思っていたし、父の申し出はとてもありがたかった。

あまり良くないことだけど、住民票だけ別のところに移して学校を変えてしまうという転校の方法だった。越境入学ってやつですネ。
父もどこまで本気だったのかわからなかったけど、私はそれに心がゆれまくった。


「どうしてもしんどいんやったら学校変えたらいいんやで?」


うちの近所には小学校が3つあり、道が一本ちがうだけで違う学校にいけるようなところだった。
先生とSちゃんの世話はとてもイヤだったけど、友達は好き。
変なアダナつけられてからかわれるけど・・・・超葛藤することになる。


私は母にSちゃんのこと、先生のことを話すことにした。
「どうして私が送っていかなくちゃいけないのか」
「どうして先生は私にいじわるをするのか」

母はSちゃんをみんなで順番に送って行ってると思っていたので、泣く私に「ごめんね」と言った。
そして、Sちゃんの親に電話をして「もう娘には送らせない」と言った。


Sちゃんの親としては障害者の従兄弟を帰りにちょっと送るだけの話じゃないかと険悪になったけど、父が「娘が泣いているのは親として情けない、もう十分やったはずだ」と言って断った。


どうしてもっと早くに言わなかったといわれたけど、


子供には子供の事情ってものが・・・(゜□゜)


それが先生に伝わって、Sちゃんの親の方から「生徒には送らせない様に」ってなことを言ったのかどうなのか誰も送らなくていいことになった。


担任の先生は保護者にとてもいい顔をする人だったので、Sちゃんのことが本当は気に入らないってことが親にはいえなかったから私にあたってたんだと思う。
先生としてはプライドを傷つけられた形になったわけだから、いじわるはとまらなかった。


っていうか、陰険になったヽ(´□`)ノ


図工で描いた絵を黒板に貼ってみんなで見るっていうのがあったんだけど、「この塗り方はダメな例」として私のだけはずされたりネヽ(´◇`)ノ
でも5年になったら絵画で賞もらったりしたんだょぉ(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)


しょーもないことばっかりしやがってクソババー


送っていくことはなくなったけど、面倒を見るっていうのはずっと一緒で。
その場で断れるような子だったらよかったんだけど、やっぱり先生って怖いんだよね。


卒業して離れてからその先生の話をSちゃんの親としたとき


「あの先生はいい先生だった」


と、言っていたのでどんだけいい顔しててん!!って思ったよ(`‐ω‐´)
影で関係ない子に意地悪してましたけどねとは言えないのがつらかったYO


「先生どお?」と母に聞かれても、先生は微妙に「私が悪いのかもしれない・・・」っていうところを突いていじわるしてくるので「こんなことされた!」とは言いづらい。
それにまだSちゃんからは離れられてない・・・。


先生からそういう扱いを受けてると、子供って敏感に感じ取るから友達が友達じゃなくなった。


これも一番きつかった。


「どうしても我慢できなくなったら、転校したらいいんやで」


我慢できなくなったら転校しちゃえばいいんだ。
もうその一心で我慢しまくった。
先生とは5年で離れられるんだ!!と。

このとき、転校っていう逃げ道を父と母が考えてくれたので私はがんばれた。
無理に学校に行けとは言わなかったし、Sちゃんの面倒をみろとも言わなかった。


たぶん、いとこなんだからそれくらいしたりってこと言われてたらおかしくなってたかも(`‐ω‐´)


転校できる、転校できる、転校できるーー!
頭の中はそれ一色の灰色の4年生生活。


親はもうちょっと先のこと考えてくれてたんだけど、私には知るよしもない( ̄▽ ̄)


従姉妹の親はずーずーしーを絵に描いたような人で、うちは父が弟になるので昔から無理難題を言ってきたりしてた。
理不尽なんて当たり前~。
当然、私がSちゃんの面倒を見るのは当たり前。


感謝なんてしてない。


小学校を転校してたとしても、公立の中学に通うとなるとまた一緒になる。
また同じことの繰り返しで娘が大変な目にあう。

また父と母は逃げ道を用意してくれました。


私立受験。


全然違うとこに行っちゃえば、面倒見なくていいっていう( ̄▽ ̄)


超過保護に見えるかもしれないけど、家が近くて家ごと逃げられないので私だけ逃がすことにしたわけです。
他人なら「面倒見ません」「はいそうですか」で終わることも、親戚だとそうはいかないから。゚(゚´Д`゚)゜。


でも、勉強するのは私。
受験させる気もなかった親とする気もなかった子供だったので、もうわけわからないことになったけど(*´Д`*)ぁはははははは


つづく。

↓今みたいに簡単に自殺とか考えられない時代だったから、今の子を見るととてもかわいそうに思います。そういう選択肢しか選べなかったっていうより、そういう選択肢もあるっていう世の中がダメなのょ・・・。更新の励みにぽちっとをば。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

気になって気になってきてみたら続きがあったので
うれしかったです。
やっぱり頼りになるは親ですね。
人数少ないとこだとホント、クラス替えとかの逃げ道もないし、
ましてや血のつながりがあると・・・
中学校から私立なんて少数しかないから、
ご両親はちゃんと考えてくださってたんですね。

最近の子供の自殺に関しての最後のコメント、
全くその通りと思ったよ。

No title

水星さんへ

コメントほんとありがとうございます。
超モチベーション維持の原動力に(*ノωノ)

簡単に自殺を選びすぎるってニュースとかで批判を聞くと、「おっちゃん世代もそういう手段を取る人が多いから、子供もそういう手段があるっておもっちゃうんじゃん」って思っちゃいます。

大人が今わの際にふんばらないで、子供に人生の何を教えることが出来るのかと(´Д`)
まずは、おやじ教育デスネ。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 |2017年06月| 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

名前:みなみ
2005年9月20日生の♀♂双子のママです(*´∀`*)
詳しいことは>>家族紹介
ブログ村『お片付け』からお越しの方はカテゴリー『お片付けじゃょ』からまとめてどうぞ

カウンター  

いくつになった?
最近の記事+コメント
カテゴリ
みなみのオススメ
ラブアダブダブオススメ店
レインドロップス
下北万雑貨店

森ガールさんにオススメ店
ワンピースサロン Nashare
トータルコーディネイトされた写真を見ながら選ぶことができるのでイメージしやすいです。
眺めているだけでも癒されます。


Favorite
こちらのお店もトータルコーディネイトされた写真を見ながら選ぶことができるのでイメージしやすいです。


イーザッカマニアストアーズ
ペチコートや小物が充実してます。
カバンが種類・色盛りだくさんなのにお安い。



みんとかふぇ
フェイク植物ですがリアルでかわいいです。
小さいのをシリーズで揃えて窓際に飾ってます。


検索フォーム
  
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。